スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里親募集終了します

先日ブログにアップした
埼玉の友人からのヘルプの声。

奇跡的に救出された子猫
仮名「ちび太」の里親探し。


その後も元気に猫ミルクを
がぶがぶ飲んで元気、と聞いてました。


しかし昨日、その友人から電話があり、
聞くと、



おとといの夜11時頃、急にぐったりし始め、
病院で注射などの治療を行ったのですが、及ばず、


深夜3時頃、安らかに眠りについたとのことです。


もともと、生まれたての子猫が
一匹でいるというのはありえないので、
親が運んでいるときに落としてしまったか、
なにかがあって、壁の間に入り込んでしまったのでしょう。

それでも一晩中鳴き続け、
一生懸命生きようとしていた子でした。




子猫は、生まれたあと、
母親から母乳をもらいます。
その母乳には、たくさんの大切な免疫などが
含まれています。


生まれてすぐ母親とはぐれてしまった「ちび太」は、
この外界で生きていくだけの免疫がなく、
力尽きてしまったのでした。


それでも、ほんとによくがんばったよね。
今度生まれたら、絶対お母さんとはぐれるんじゃないよ。

そんなわけで、里親募集は
悲しいですが、終了させていただくことになりました。


何件か、お問い合わせいただいた方、
ほんとうにありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ぷちゃりさん ありがとうございました。
お問い合わせをくださった方、こんな結果になり
すみませんでした。

病院の先生のお話しでは
体重も平均より小さくて心音も弱いとのことでした。
それでも一生懸命に生きようとしていたチビ太を
助けてあげられなくて本当に悔しいです。

チビ太が無事に天国に行けますように。

No title

最後に人知れず、ひっそり亡くなったんでなくて、よかった。
発見してもらって、ミルクもガブガブ飲めて、可愛がってもらえてよかったね。
幸せな最後の時間やったと思う。

>サニー

ほんとに残念だった。
実際にちび太を診ていた君たちのほうが
なおつらいだろうに。

でもほんとにちょっとでも
「幸せ」を経験して、亡くなっていったと思う。

どんどん処分される犬猫が多いなか、
壁から救出されただけでも、
十分彼はうれしかったと思う。

>らゆ

ほんとだ、確かにそうだ。
みんなに見守られながら逝ったんだ。

そう思ったらちょっと救われた。

ありがとう、ありがとう、らゆ。
プロフィール

プチャリカナイ

Author:プチャリカナイ
名古屋市熱田区の住宅街にひっそりたたずむ
隠れすぎのアヤシイカフェ
ガラクタ的雑貨も扱っています

●ボロ家カフェ プチャリ●
〒456-0014
名古屋市熱田区中田町6-16
℡&Fax 052-682-6560

火曜&水曜定休
営業時間 11~20時
メール
メールはこちらへ


mixi(ミクシィ)やってます!


Webshop
http://www.surya-surya.com/


オープン当時のブログ(旧ブログ)はコチラ!

http://sun.ap.teacup.com/cafe-hiyori/

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。